日常生活、体育の授業、アスリートのトレーニングなど・・・様々なシーンにおいて皆様のパフォーマンス向上のお役に立ちたい! プラスアイ-ネット通販ショップは、そんな思いから生まれたウェブショップです。

水について考える 体の中から健やかに

体の中から健やかに 体の中から健やかにするために、毎日の生活における水の飲み方やポイントなどをご紹介しています。

体の中から健やかに

体の中から健やかに

水を飲むポイント

諸説ありますが、人間の60%以上は水分だと言われています。
たった1%の水が不足しただけで人は喉が渇く状態に陥ります。
人間にとって「水」というものはとても大事なものです。

とはいえ、一度に大量に水を飲めばいいかというとそういうわけでもありませんし、なかなか飲めないものです。
水を効果的に飲むポイントをご紹介しましょう。

1.朝コップ1杯の水を飲む
人は寝ている間に驚くほど大量の汗をかきますので水分補給をしましょう。
また、朝、水を飲むとその刺激で胃腸が目覚め食欲がわき、朝食を採ることでお通じがスムーズになります。
朝、水を飲むことは1日の生活リズムを整えることにも役立ちます。
2.1日1リットル位を目標に水を飲む
一般的なコップ1杯の水は大体150〜200ml位の量になるため、1日に5回に分けてコップ1杯ずつ水を飲めば大体1リットルになります。
学校や仕事や家事の休憩時間、食事時などに水を飲みましょう。
喉が渇いたなと思う前に飲むのがコツです。
喉が渇いた時はすでに体は水分不足を起こしているため、そうなる前に水分補給をすると代謝がうまくいき疲労しにくくなるなどの効果があります。
アスリートが運動中にこまめに水を摂取するのは、運動して汗をかくからだけでなくこのような効果もあるからです。
3.お風呂上りに水を飲む
お風呂上がりは肌もふやけて水分があるような気がしますが、汗をかきますので体内の水分は不足した状態ですのでたっぷりと水を飲みましょう。
半身浴をする時は水を用意して飲みながらお湯につかるのが効果的です。
半身浴は汗を大量にかきますので、水分補給をしないと血液が水分不足でドロドロした状態になりかえって体に負担がかかる場合があります。

水について考える その他のコンテンツはこちらから

  • いい水でいい食を
  • お水の話〜水のミニ知識〜
  • 商品開発コラム

水について考える

  • いい水でいい食を
  • 体の中から健やかに
  • お水の話〜水のミニ知識〜
  • 商品開発コラム

ページトップへ